忍者ブログ

あほんだ~なメイプルブログ

オンラインゲーム「メイプルストーリー」のブログです。プレイ日記はもちろん、考察、その他日常の日記を書いたりとしています。宜しくお願いします。
   
ゲーム うpろだ 企画 お金儲け リンク集 特集記事一覧 2008年の私
07 2017/08 1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 12 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31 09

:2008:05/24/21:13  ++  W61Sで写真を撮りました\(^o^)/



そろそろ発売から1ヶ月の時が経つ「Cyber-shotケータイW61S」
私はこの端末が喉から手が出るほど欲しかったのですが
私は今後発売されるであろうウォークマンケータイの後継機に期待してスルーし、
夏モデル一覧にウォークマンケータイがないことに落胆。

どちらかというとウォークマンケータイの方が欲しかったのでこうなったら秋冬モデルまで待とうと決意し
時がたつにつれW61Sはもう過去の産物となっていました。

そして1週間程前、デモ機が届いたらしく(田舎なので遅い)父がもって帰って来たのは良いのですが
正直今頃・・・という感じでした^^;

しかし折角なのでとりあえず使ってみる事に。






・・・おもしろい







まずはなんと言ってもCyber-shotという名が付いているだけあって
カメラの機能がすごい!
私もデジカメで写真を撮るのが好きなのでそれなりに操作方法はわかっていたつもりだったのですが
機能が多すぎて最初はまったく意味がわかりませんでした><
店頭でちょっといじくった程度では絶対使いこなせないレベルです。


カメラ画質については今時の携帯だと全てが使用してあるでしょうCMOSセンサー(低コスト、低電力、(若干)低画質)が組み込まれてあるので
やはり等倍で見るとやや残念画質なのですが
携帯で見る限りでは無問題でした。

Cyber-shotというだけあって購入希望者は画質を求めて来るのでしょうから電池持ち悪くなっても良かったのでCCDを使って欲しかったところ(´;Ω;`)


まあ、私の感想やうんちくは置いといて早速写真を見てみましょう!
もちろん私はプロのカメラマンではないのでその辺は大目に見てやってください。
また、横向きの画像は壁紙サイズで撮影、普通の向きはデジカメモード(?)にて撮影しました。






画質は普通のケータイとそう大差ありませんが
W61Sはなんといってもマクロ撮影がすごい。
トルマリンゴストラップに注目してください。




なんとここまで近づく事が出来ます。





話は変わってこれは何でしょう?
実は携帯のキーなんです。
保存していなかったので残念ながら公開できませんが更に細かいものまで撮影できました。

ええい!ソニエリのW61Sは化け物か!







葉っぱ(かれているのは気にしないで下さい)





猫の置物(親指程度またはそれ以下の大きさ)





猫の置物









ぬこ





LISMO!カレンダー(皐月)





マグカップ









この2つは極端に画質が悪いですが
適当に撮影したものと寝起きに撮影したものなのでなんとも言えません^^;
緑に強くて赤系統には弱いのでしょうか?
今回の撮影を通してまず言える事はスーパーマクロの性能の高さ。
最新のデジカメには疎いですがマクロ機能だけならば全然遅れをとっていないと思います。
故に今回撮影したのは接写ばかり(=ω=)


そしてこの携帯にはスライドショー機能が付いていたり
デコフォトと呼ばれるスイーツ(笑)に需要がありそうなプリクラのようなものを作成する機能もありました。
やってみましたがなかなか面白い(笑)
スライドショーは必見です。


本当、使っててこんなにも楽しいと思ったケータイは初めてでした。
おかげで折角熱が冷め切っていたのにもかかわらずまた欲しくなったほど><
写真を撮ることが好きな人はまず後悔しない機種でしょう(画質云々はともかく)


・日記に絡んでくれたら嬉しいのでコメント等大歓迎です。

拍手

PR

無題

撮影うまwwww

  • :2008年05月24日土
  • +
  • +:byオレ
  • +
Re:無題
うれしいこと言ってくれるじゃないの
それじゃあとことん撮影してやるからな

W61Sのマクロの良さには驚きました(=ω=)
【2008/05/25 19:54】

+コメントの投稿+

+NAME+
+TITLE+
+FONT+
+MAIL+
+URL+
+COMMENT+
+PASS+
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

+TRACK BACK+

+TRACKBACK URL+